オーディオ買取のオーディオマート > オーディオ雑学宝庫 > オーディオで火事になる?
オーディオ雑学宝庫

正しく使うことで火災は防げるTorivia

オーディオ機器は音楽を聞くことが出来る身近なものです。
オーディオ機器はとても便利なものではありますが、使い方を間違えてしまえば、故障や火事などの原因にもなってしまいます。
火事になってしまっては、人生も台無しになってしまうので、安全に正しく使用することが大切です。

オーディオ機器の間違った使用方法として代表的なものを紹介していきますので今一度チェックしてみるのがおすすめです。

  • オーディオ機器の指定電源電圧で使用しないと、電流の容量オーバーとなって火災や感電の原因となってしまいます。
  • 湿気の多い場所で使用したり、花瓶やコップなどをオーディオの上に置かないようにしましょう。
    オーディオ機器は、水分が大敵です。感電や火災の原因になってしまいます。
  • 狭い場所に設置したり上下が逆だったり、横向きでの使用は避けましょう。
    内部に熱がこもってしまい火災の原因にもなります。

これらのように、基本的な内容ではありますが、間違った使用法は火災の原因になります。

他にも、電源コードやコンセント周辺にほこりなどが溜まっていることで火災が発生してしまうケースもあります。
コードを結束バンドなどでまとめてしまうのも良くないことなので避けるようにしましょう。
オーディオ機器は正しく使用することで、機能を発揮してくれます。
ですから、取扱説明書などに書かれている注意事項なども良く理解しておくのが大切です。
まずは、正しく使用することがいちばんです。
年数が経っているオーディオ機器は、メーカーなどから定期的にメンテナンスしてもらったりすると内部のホコリや汚れも綺麗にすることが出来るのでお勧めです。

自宅などに使用しいないオーディオ機器があるならば、オーディオ買取で買取してもらうのがお勧めです。

お電話でのお問い合わせは 0120-511-329/メールでのお問い合わせはこちらをクリック

オーディオ買取