オーディオ買取のオーディオマート > オーディオ雑学宝庫 > 音源圧縮について
オーディオ雑学宝庫

音源圧縮が必要になった場合はTorivia

今は音楽ファイルをダウンロードして楽しむというスタイルが一般的になっています。
ですがそのダウンロード量が増えていきますと、データの容量が大きくなり、パソコンの容量を圧迫してしまうということもあります。
容量に余裕がなくなると、新たに音楽ファイルをダウンロードすることもできなくなりますので、その場合は音源圧縮をして、データの容量を減らしてあげる工夫が必要になります。

ただMP3の場合、すでに圧縮されているので、その容量をさらに小さくする場合には音質を落とす必要性が出てきます。
音質が落ちるのは嫌だという方も多いと思いますので、MP3ファイルの場合はよほどの必要がない限りは音源圧縮をする必要はないのではないでしょうか。

音楽ファイルをダウンロードする場合に、最初からMP3の形式を選ばれる方は多いでしょう。
ですから音源圧縮をする機会というのは、それほど多くないように感じます。

もしパソコンの容量がいっぱいになってしまったら、外付けHDDなどに音楽ファイルを保存して、パソコンの中身を軽くしてあげる工夫をしてみましょう。

そしてその音楽ファイルを楽しむために必要なのが、オーディオ機器です。
スピーカーやアンプといったオーディオ機器にこだわれば、音質も向上します。

もしお手持ちのオーディオ機器に飽きたら、オーディオ買取に申し込んでみましょう。
宅配によってもオーディオ買取することは可能なので、興味のある方は是非チェックしてみてください。

もし音楽ファイルの圧縮が必要になった場合には、フリーソフトなどを活用することも可能です。
わからないことがあれば、質問サイトで質問してみるのもおすすめです。
ピンポイントで疑問点に答えてくれますよ。

お電話でのお問い合わせは 0120-511-329/メールでのお問い合わせはこちらをクリック

オーディオ買取