オーディオ買取のオーディオマート > オーディオ雑学宝庫 > アンプ
オーディオ雑学宝庫

アンプの種類を知ろうTorivia

オーディオで音楽を楽しむ時には、アンプが必ず必要になってきます。
CDプレイヤーなどは、スピーカーから音が聞こえてきますがこのCDプレイヤーの中にも小型のアンプがしっかりセットされています。
アンプが内蔵されているオーディオもあれば、アンプが別になっているタイプもあります。
アンプがあることによって、小さな音を増幅し大きくしてスピーカーで音を鳴らし楽しむことが出来るようになるのです。

アンプにはいくつかの種類があって、それぞ特徴は違っています。
自分が何をどのように楽しみたいのかを考えて選ぶことが大切になってきます。
ここではアンプの種類をいくつか紹介していきましょう。

  • メインアンプ
    このアンプは、パワーアンプとも呼ばれ増幅機能に優れているのが特徴です。
    CDやDVDなどの小さな音もスピーカーで聞くことができ、アンプ内蔵スピーカーには、このメインアンプが多く使用されています。
  • プリアンプ
    プリアンプは、コントロールアンプとも呼ばれていて、前置増幅器です。
    一定の電圧まで入力レベルを増幅することが可能で、セレクタやトーンコントロール、ボリュームコントロールなどの機能があります。
  • プリメインアンプ
    このアンプは、インテグレーテッドアンプとも呼ばれていてプリアンプとメインアンプが一体となっているのが特徴です。
    ミニコンポやラジカセに内蔵されていることが多く 、一般的なオーディオ用のアンプとなっています。
    最近では、AVアンプのようにデジタル信号処理機能がついているものも販売されています。

アンプは音を楽しむ時には欠かすことのできないものでも有ります。
オーディオ買取もでき人気もありますので活用するのがお勧めです。

お電話でのお問い合わせは 0120-511-329/メールでのお問い合わせはこちらをクリック

オーディオ買取